冷え性とふくらはぎ

寒い冬、体が冷えてしまって、朝までぐっすり眠ることができないという、冷え性に悩む人は、多いのではないでしょうか。そんな冷え性を改善するには、いろいろな方法があります。その中でも、効果的で簡単な方法のひとつが、「ふくらはぎを温める」という方法です。足先ではなくて、ふくらはぎ?と不思議に思う人もいるでしょう。冷え性で足先が冷えるのを防ぐには、ふくらはぎを温めるのが一番なのです。

足先の冷えを改善するには、血液を足先まで届けることが重要です。血液は、体の中心部から送られてきます。しかし、太ももでは、大きい大腿筋によって、血液の温度が保たれています。しかし、筋肉が少ないふくらはぎに来ると、血液の温度は下がってしまいます。また、寒さを感じている時は、筋肉が収縮して、血液の量が少なくなり、冷えやすくなってしまいます。血液が冷え切っている足先を温めるのではなく、血液の冷えを防止するために、ふくらはぎを温めるようにしてみてください。

最近では、ふくらはぎを温めるために、いろいろなレッグウォーマーが販売されています。レッグウォーマーを選ぶときは、ふくらはぎを締め付けすぎないものを選びましょう。締め付け過ぎて圧迫してしまうと、逆に、血液の流れを悪くしてしまいます。ずり落ちないように、優しいサポータータイプのものを選べば安心です。眠る時にも使用すれば、温かくぐっすりと眠ることができるでしょう。

今まで、足先の冷えを改善するために、くつ下をはいて眠っていたという人も、ふくらはぎを温めるレッグウォーマーを使ってみてください。驚くほど温かく眠ることができるようになると思います。ぜひ試してみてください。

冷え性関連ニュース
冷え性 改善 新着情報

寒い時期になると体の冷えが辛くて嫌だという女性は多いですよね。冬は寒いのは当然ですが、部屋の温度は温かくしているのに、なかなか体が温まらなかったり手足がいつまでも冷たく感じられるといった症状がある人は、冷え性の可能性があります。最近では、冬だけでなく、夏でも、強い冷房のために、体が冷えてしまう方も多いのです。1年中冷え性に悩まされている人が増えているようです。

また、高齢になるにつれて冷え性になっていまうという人の数は増えていきます。65歳以上では6割、75歳以上では8割もの人が、冷え性であると言われています。また、冷え性は、女性に多いのも特徴的です。冷え性は、体の血行不良が原因で起こるものです。血行不良を起こす原因として毛細血管まで血液が行き渡っていなかったり、気温の変化で、毛細血管が縮んだまま元に戻らなかったりすると、手足の先に冷えとして影響が現れてくるのです。

冷え性は、体質だから仕方がない、と諦めてはいませんか?冷え性は、努力次第で改善できるものなのです。毎日の食生活を見直したり、筋肉トレーニングをして代謝を良くしたりことで、すぐに効果は現れなくても、地道に努力を続ければ、必ず良くなっていくものです。冷え性をそのまま放置しておけばきちんと眠れなくなったり、肩こりや腰痛の原因になったりと、体にいろいろな悪影響が出てきてしまいます。

男性と比べてみると女性の筋肉の力が弱いです。こういった点も冷え症の一因となってます。そのため低血圧は女性に多くみられ、女性の体はとても冷え症になりやすく出来ています。だいたい70%もの女性が冷えを訴えております。冷え性は、不妊の原因の一つとなってしまいます。体に異常はないのに妊娠しにくかったり、流産しやすい方は、冷えによって子宮内環境が良好に整えられていない場合が考えられるようです。そのため不妊症の大きな原因になっているのです。

冷えがある場合には腸の働きもにぶくなってしまい栄養の吸収率が悪いために妊娠を受け入れる体の準備も、なかなか整わなくなってしまいます。最近では低体温の女性が増えているそうです。栄養のアンバランスや運動不足、生活サイクルの乱れ、ストレスなどから平均体温の日中体36.5度よりも低い35度台の女性が増えているみたいです。当然ながら身体機能の全てが低いということになりますので妊娠の可能性が健康な人より低くなってしまいます。

低体温の方は、軽い運動のほうが身体には良いため室内で出来るような運動や続きそうな運動を選んで行いましょう。そして栄養のバランスに配慮して低体温を変える必要があるとおもいます。運動をしないと体温が下がるそして免疫力が低下する、病気になりやすくなると言う図式が出来てしまうからです。もしも、あなたが低体温であるのであればちょっとした運動からはじめてみましょう。食生活も冷え症を増長させてしまうような食生活をおくらないように気をつけましょう。

あなたは、ご存知でしょうか?実は身体を温める事だけでも治る病気はとても多いということなのです。冷え性とは、毛細血管の血行障害のことです。最近では、エアコンの存在が不可欠だとおもいますがそういった私たちを取り巻く生活環境の変化から身体の季節調整能力が低くなっています。また交通手段の発達によって運動不足であったり、ストレスや環境ホルモンにより自律神経の乱れもおこりがちです。ホルモンバランスの乱れが原因となり冷え性になっている割り合いは、女性の場合で70%、男性の場合で30%もいるようです。おおよその数字ですが比率は此の割り合いで冷え症に悩まされていることになりますよね。

あとは男性のかたに多いのですが、冷え性に気づいていない人が多いようです。自分は冷え性では無いと思っていても、気になる方は冷え性のチェックをしてみるとよいでしょう。たとえば寝床に横になると足が火照ることも冷え性にはいります。もしかしたら、あなたの不調の原因は、冷え性にあるかも知れません。冷えのきつい人は、頭痛やめまい、のぼせ、不眠症、不感症、便秘や下痢、食欲不振というような神経系の症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。花粉症は、低体温、冷え性の人に多くみられるのです。東洋医学を専攻した先生もおっしゃっていたようですが、身体の冷えにたいして特に芯に冷えのある人を改善していけば病気にかかる人を大幅に減らせるようなのです。

冷え性の原因ですが、人間の体は、寒いと感じれば体の表面の毛細血管を収縮させていきます。そして体温が外へ逃げないようにします。そして、 次に温度が下がり過ぎないように調節されることになるのですが、 調節されないでいつまでも血管が収縮しているために冷たくなってしまうのが冷え症なのです。 暖をとってもなかなか血管が広がらなくて血管の収縮と拡張を受け持っている自律神経がうまく働いていないことが、冷え症の大きな原因の一つです。この自律神経失調症になりやすいのは女性です。女性ホルモンのアンバランスなども、 その自律神経の調節を狂わせてしまう原因のようです。